プロフィール

スタッフ

このブログを読んでお客様が少しでももんじゃ金太郎浦和店を好きになって頂けたらと思います。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

焼そばのハーフサイズ!

今日、焼きそばを
半分だけ注文したい
とのご要望がありましたsign01

少しだけ
つまみたいdelicious


もしかしたら
多くのお客様が
そう思っていた
かもしれませんね

flairそこで
ハーフサイズの
ソース焼そばを
明日より提供いたしますrestaurant
yenthreethreezero


2011年2月27日 (日)

冷房!?

今日はなぜか
夕方から店内が
暑くなってきたsign02

お客様から
”暑いのでクーラー入れて”
まわりのお客様も
一枚はおっているものを
脱いでる方が

今日は気温がどんなだったかな

ちょうどスタッフ同士で
なんか暑くないimpact
といっていたところ

今日は冷房を入れました

two月ももうおしまい
さて一年の六分の1が
おわっちゃったdash

みなさんは
春の兆しを
何で感じ取りますか
でわでわ
心はいつもsun

2011年2月26日 (土)

込んでる時間で悪いねぇー

いつも
土曜または
日曜のお昼restaurant
来店くださる
常連のKさん夫妻

今日は午後7時頃night
丁度お店が
満席の状態で
お客様が
入れ替わるとき

”今日は悪いねぇー
この時間に来ちゃって”

”こんでることは
 いいことだ!”
とおっしゃってくださった

いつも冗談交じりに
いろんなお話を
されてsweat01
またスタッフも
かわいがって
もらっていますgood

昼間、スタッフと
今日はいらっしゃるのかなー
とお話していたところでした


clover今日はあまりお話
出来ませんでしたが
本当にいつも毎週
ありがとうございますnotes

でも個人的には
ゆっくりお話したいですねhappy01

2011年2月25日 (金)

春一番

sun
今日は東京で20度超えて
強い南よりの風
春一番が吹いたようです

今日は見沼にある
小春日和、
日帰り温泉施設へ
行ってきました

露天風呂で
のんびり
外も暖かく
快適でした

入浴前後に
体重を
量ってみたら
2キロ以上減って
さすがに
2時間近く
ずっと
つかっていたので
自分もびっくり

ま、beer
元にすぐ戻りますけどdash

2011年2月24日 (木)

歴史あふれる街~行田

行田は歴史を
感じられる土地

県名発祥の地
埼玉(さきたま)古墳群

市役所近くの
忍城(城址)
郷土博物館になってる

足袋の生産地としても
有名
1000年以上前の
種子から発芽した
古代蓮の里

こんな味のある
建築物もsign01
横田酒造 

お土産に酒粕


もっともっと
探索してみたいな
という
街ですslate

2011年2月23日 (水)

わーい!お弁当屋さんにもゼリーフライ☆

前回の続き…dog
ゼリーフライ
ここにもsign03
お弁当屋さんの
じゃぱん亭さん

お土産に10個
購入したら1個
おまけサービスlovely
その場で揚げてくださった
すぐ食べる分だけ
別にして親切にして
もらっちゃったjapanesetea
”おいしいdelicious

地域に浸透してるなー

この街、行田をもっと
散策したくなりました

ゼリーフライと
フライを求めてdash

もちろん古墳はじめ
歴史をたどるのもnotes

今回のゼリーフライの
足袋は
sign02違った
旅はおしまい

ちょこっと
番外編がありますので
次回ですclip

2011年2月22日 (火)

両方食べることが出来ました!

さてさて
ゼリーフライとフライ
行田名物 
キャラクターも
こぜにちゃんに
フラベぇー

両方一度に食べられる
お店がここ

かねつき堂さん


ゼリーフライ

おなかいっぱいになるsign03


焼そば入りフライ
もちもちした生地

両方とも素朴な感じで
おいしかったsign03

2011年2月21日 (月)

フライ

行田には
もう一つフライ
という
ローカルフードがsign03

揚げているものではなく
お好み焼きに近い感じ

北埼玉地方は
小麦の産地
もともと農家で
つくれるおやつのようなもの
小麦粉を水でやわらかく溶いて
鉄板の上で薄く焼きながら
ねぎ、肉、玉子などの具を
入れてソースや醤油でつけて
食べる

行田は足袋でも
有名
昭和初期に全盛期を迎えた
足袋の工場で働く女工さんのおやつ
として大ヒットsign03

現在は30店舗以上の店が営業している
とのこと

それじゃあ両方食べられるお店に
(続く)

2011年2月20日 (日)

あれやってない。。。

古墳を離れてdash
次の目的地は
公園の一角にある
ゼリーフライの
駒形屋さんsign03

ネットで調べているとき
難易度が高い
とあった
不定休らしく
天候によっても
閉まってしまうよう

今回やってなかったので
次回はと思いましたsweat01
写真だけ

ここから
次は
市役所の横を
通って忍城方向へ

フライも食べてみたいsign03

2011年2月19日 (土)

んっ!? なぜゼリー?

ところでとてもおいしかったんですが
この野菜コロッケのような
食べ物が
なぜゼリーフライ
ゼリーconfidentなのか
ちょっと不思議な名づけですね

お菓子のゼリーじゃなくて
ちゃんとした
歴史が
行田市内のあちこちに
置かれていた
パンフレット
(パンフレットがあるのもすごいcrown
によりますと
そのルーツは、日露戦争の時、
中国から伝わった”野菜まんじゅう”
ということです
ちなみにネットで調べてみると
行田市持田にあった”一福茶屋(現在は閉店)”
のご主人が日露戦争で中国東北地方に
従軍した際、現地で食べられていた野菜まんじゅうを
基にアレンジしたものと言われていて
詳細な年代は不明なものの
明治後期には店売り確認されているそうです
clock100年以上ということshine

ゼリーというのは
形状や大きさが
小判に近いことから
銭富来(ぜにふらい)と呼ばれていたものが
なまってゼリーフライに変化したと
いわれているそうです

ジャガイモにねぎやにんじん、
さらにたくさんおからが入っているので
食物繊維がたっぷりでヘルシー

しかもおいしくて安くて
1個50円から100円くらい
私は思わずbeerがほしいと
叫んでしまいましたdash

古墳の公園の後は
次の目的地へ

(続く)

金太郎 浦和店 のサービス一覧

金太郎 浦和店